思春期ニキビっていつまで続くの…?ほっておけば治る?

思春期ニキビは、期間限定のニキビです。
その期間は、小学生高学年から高校生まで、頑張っても20歳までのニキビを指します。
そのごのニキビと明確な違いはないものの、ホルモンバランスの乱れができるニキビと言う定義から行くと、20歳くらいで大人の体になり、ホルモンバランスも正常になっていると考えられます。

 

この思春期ニキビに関しては、その後できる大人にきびと比較をしても大したケアの必要性はないので放っておいても良いと考えている方も多いです。
厳密に言うと、黙っていても繰り返しできるのが思春期ニキビですが、自然治癒もします。
ただし、そのニキビの炎症はなくなっても跡になっていることは考えられます。

 

ですから、正確には、思春期ニキビであっても、その時に合うケアを必要とします。
その内容は大人ニキビと比較をして簡単で良いけれど、ケアは大切です。

 

ほおっておけば治るものですが、これはその方の新陳代謝のなせる技で、思春期は黙っていてもニキビは治癒することできます。
ただし、ケアをしたようにキレイな肌になるかというと疑問で、もっと言うと40代50代となったときに、古傷のように思春期ニキビ跡が目立つ事もあります。
ですから、思春期ニキビ、10代でできたニキビに関しても、その都度ケアをしておくことは大切です。